• サラリーマンのバイクパーツレストア記録

Kawasaki 250TR ヘッドライト交換

広告

250TRの純正ヘッドライトを5.5インチの黄色レンズに交換したいと思います。

今VMXを目指してカスタマイズしているので、このライトもそこそこいい感じになるのでは?ということで取り付けです。

購入したのはスタートサイドのベーツライト3点セットです。

梱包されていた段ボールにはよく分からない中国語シールが貼られていました。

 

ライト本体サイズ:直径約160mm

ライトレンズサイズ:直径約130mm

奥行:約135mm(網別)

仕様:ベーツライト・ヘッドライト、ガラスレンズ、ハロゲン球、ポジション球

ライト:NYW 12W35/35W

材質:スチール製

長さ:110mm

ライト取付穴径:10.5mm

フロントフォーク径:φ30〜φ33

カラー:ブラック塗装仕上げ

イエローレンズを購入しましたが、初年度登録が平成18年(西暦2006年)1月1日以降の車両は、法令によりイエローレンズを装着しての公道の走行はできません。(道路運送車両法の保管基準29第一項)

所有している250TRは2004年式+登録なので問題なく装着可能です。

カバーをつけるとビンテージ感がでます。

取付ですが、純正ヘッドライトの下側2箇所のネジを緩めてカバーを取り外します。

上側にツメがあるので折らないように注意が必要です。

レンズを外したら、配線関係も全て外していきます。

そして、サイドに固定してあるボルトを外します。

カバー下方にも光軸を調整するバネ付きのネジがあるので外していきます。

外すときにネジを押さえている白いプラスチックのナット?を飛ばして無くさないように注意が必要です。

無事にライトを取り外しました。配線類を整理してみるとある事に気付きます。

様々なケーブル、ワイヤー類がヘッドライトステーの外側から内側へ入り込んでいます。

そのため、ステーを完全に取り外すにはワイヤー、ケーブル類も外さなければなりません。事前に下調べをしておけばよかったのですが、この時点で「うわー・・・」という感じでした。

取りあえずメーターなど邪魔になるものも全て取り外しました。

そして、はい!ステーを取り外しました。

結局はケーブル、ワイヤー類は取り外さずにステーを外しました。

どうしたのかというと・・・。

 

グラインダーでカットしてしまいました。

今まで純正パーツに手をつけたことはなかったのですが、オークションサイトで純正のヘッドライトステーが数百円で出品されていたので、カットして取り外すという選択をしてしまいました。

メーター部分とホーン部分はそのまま使用するので使いやすいようにここもカットしました。

取付にはフロントフォークに固定する汎用ステーのφが合わなくて加工が必要であったり、フロントフォークの幅が広くて、ヘッドライトを取り付けると固定するステーがハの字に曲がってしまうという不具合がありました。そのため、ウインカーもこの位置に取り付けるとやや内側を向いています。

この辺は購入前に調べておけば問題なかったのかもしれませんが・・・汎用品ですので基本は加工が必要と思います。

後で改良予定ですが、取りあえずはこれで・・・

 

startside (スタートサイド) ベーツ ライト 5.5インチ イエローレンズ ブラック ボディー クラシック ライトカバー グリル ガード

新品価格
¥3,300から
(2019/12/7 21:24時点)

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。