• サラリーマンのバイクパーツレストア記録

Kawasaki 250TR レストア用フューエルタンク仕入!そして剥離後にやる気スイッチOFF

広告

パテ埋めと削りがなかかな進まない中・・・

また新たに2個の250TRタンクを購入してしまいました。

どちらもレストア用ですが、大きな凹みもなく苦手なパテ埋めが少なくて済みそうです。

緑の方は純正カラーで、前の持ち主さんが途中で剥離をやめた後があります。

黒の方は塗り直してありますが、おそらく業者さんが塗ったものだと思います。ただ、塗装が厚いので純正カラーの上に塗装したのかもしれません。

以前に再塗装されたゼファーのタンクを剥離したらパテだらけだったことがあったので、少し不安ですが・・・

とりあえず剥離していきたいと思います。

まずは外せるものは全て外して、マスキングテープで給油口を塞ぎます。

剥離剤を塗って3分ほど経つと塗装がメラメラと剥がれてきます。

このロゴの部分は何度か剥離剤を塗らないと一発では取れません。

さて、黒い方のタンクはというと・・・何も反応がありません。

塗装が厚いせいかなと思い、剥離剤が浸透していくようにカッターで傷をつけていきます。

しばらくして、ようやく塗装が剥がれてきましたが・・・

かなり時間がかかりそうです。純正カラーの剥離と比べてメラメラと剥がれてくる感じは全くありません。

元のタンクカラーは白のようです。

剥がれてきたところからスクレーパーで削ってみると・・・おや?

これは・・・パテ?

これを見た瞬間にやる気スイッチがOFFに・・・

とりあえず、純正カラーの緑タンクを仕上げます。

ワイヤーブラシを使って、落ちきれなかった塗料を磨き落として剥離の作業が完了です。

凹みチェックをしましたが、飛石程度のエクボが1箇所あるくらいでした。

タンク内は見える範囲で錆はありませんでしたが、コーティングの跡もあり奥の方は怪しい・・・花咲かGをやっておいた方がいいかもしれません。

物置に吊るしてあるレストア・パテ埋め中だったタンクとこのタンクを先に仕上げて、黒のタンクは再びやる気スイッチがONになったら剥離の続きをしようと思います・・・。

 

ナトコ スケルトンM-201 金属ハケ用 1kg 業務用 剥離

ハンディ・クラウン チャンネルブラシ ワイヤー 1行

 

3M マスキングテープ 243J Plus 20mm×18M 6巻パック (243J 20)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。