• サラリーマンのバイクパーツレストア記録

HONDA FTR223 フロントフェンダー塗装 〜プラサフ〜

広告

FTR223のフューエルタンクをレストアしてプレゼントした先輩から、純正のフロントフェンダーを入手したとの情報がありました。

せっかくなので、同じマットブラックに塗装させていただきたいと思い、早速フェンダーをお預かりしました。

オークションで入手とのことでしたが、一度白に塗装されたもののようでした

 

とりあえず中性洗剤でよく洗い、800番の耐水ペーパーで磨きます。

 

次に、念入りに脱脂してテントの中でプラサフを吹きます。

まずはプラサフの缶スプレーをぬるま湯で温めます。

この間に、エアーコンプレッサーで埃を吹き飛ばしておきます。

 

1回目はエッジの部分からバラ吹きをします。

 

乾燥させてから3回で本塗りをしました。

 

最近思うことは、このワンタッチテントでの塗装は様々なリスクが多いことです。

 

まず、下から巻き上げてくる風にのって、かなりの確率で乾燥中に埃がのります。

そして、体全体を中に入れて塗装することはできず、入り口から手を伸ばして塗装するわけですが、姿勢もキツくて瓶ビールのケースを回していくのも大変です。

体全体が入れて、塗装する物の周りをぐるっと回れればいいのですが・・・。

 

そこで今考えていたのは、2m×2mのワンタッチタープで四方を幕で囲えるという商品です。

しかし、新品で購入してもすぐに塗料で汚れるし、塗装目的だけのために1万円以上を支払うことに家族が了承してくれるかが問題です・・・。

 

欲を言えばきりがありません。

 

ある程度乾燥したところでテントからフェンダーを取り出します。

あとは別の場所に移して、1日はしっかりと乾燥させます。

 

光の加減で白く見えますが、使用したのはグレーのプラサフです。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。