• サラリーマンのバイクパーツレストア記録

剥離剤について。ホームセンターの剥離剤と業務用の違い

広告

塗装を落とすのに剥離剤を使用しましたが、3種類くらいの剥離剤を使ってみて、最終的には業務用の『スケルトン』に行きつきました。

今まで使ってみた剥離剤の個人的な感想です。

1.塗料はがし剤(カンペハピオ)

ホームセンターで購入したものですが、塩素系溶剤を含まない人と環境に配慮された商品です。

「油性、水性、ラッカー、ニス類などの塗膜を簡単にはがします」と記載されていたので期待を込めて購入、使用しました。

塩素系溶剤特有の刺激臭はありませんとのことでしたが、それなりの刺激臭はします。例えるなら・・・髪の毛染め液みたいな臭い。

色は黄白色で、とろーんとしています。

実際に使用した感想は、純正の塗装は2~3回の塗布では全く変化がありませんでした。おもいっきり力を込めてスクレイパーで削ると何とか剥がれました。しかし、これではタンク全体を剥離するには何日かかるか・・・。インターネットの情報も参考にサランラップで巻いてみましたがクリア膜の中に浸透できていないような印象がありました。

そもそもこの塗料はがし剤はバイクなどには向いていない(対象が違う?)のだと思います。

 

2.強力はく離剤(アストロプロダクツ)

これは、アストロプロダクツで販売されています。『パッキンはがし』となっていますが、インターネット上でこれを利用している方がいたので試しに購入してみました。

こちらはスプレータイプの剥離剤です。

期待を込めて塗布しましたが、結果は同じでなかなか剥離できませんでした。また、あっという間に蒸発してしまい塗布した面がカラカラに乾いてしまいました。

やはり、『パッキンはがし』用のようでした。

それでも何とかこの2種類+スクレイパーを使ってゴリゴリ剥離作業をしていました。

しかし・・・

心が折れそうになりました。

こうなったら、業務用だ!

3.スケルトン M-201 金属ハケ用(ナトコ株式会社)

こいつがすごかった!まさに想像していた塗料の剥がれ方。

塗布して1~2分でメラメラと塗料が浮き上がってきました。塗布後は一定時間放置して、スクレイパーで削るわけですが全くストレスなく「スススー」と剥がれ落ちます。今までの苦労はいったい・・・。

ちなみに、パッケージに表示されている『金属ハケ用』というのは『金属のハケを使わないとダメ』ということではなく、『金属の物にハケを使って塗ってくださいね』という意味。それよりも、注意書きが恐ろしい・・・。

・発がんのおそれの疑い

・生殖能または胎児への悪影響のおそれ

・臓器の障害

・長期または反復ばく霧による臓器の障害

・飲み込み気道に侵入すると有害のおそれ

・水生生物に毒性あり

・長期的影響により水生生物に毒性あり

 

使うときは肌の露出をなくして、保護眼鏡に防毒マスクがベストかも。

 

250TRのフューエルタンクで剥離剤の比較をした動画がこちら

 

ナトコ スケルトンM-201 金属ハケ用 1kg 業務用 剥離

新品価格
¥3,300から
(2020/10/17 16:55時点)

ナトコ スケルトンM-201 金属ハケ用 4kg 業務用 剥離

新品価格
¥5,000から
(2020/10/17 16:57時点)

広告

コメント一覧

ジクロ2021年9月14日 12:51 PM / 返信

剥離剤の成分を調べており、お邪魔しました。 動画で使用された剥離剤はジクロロメタンで人体、環境にも悪い、厳重管理の必要な物質です。 ジクロロメタンなら業務用は関係なく、強力な洗浄剤です。 取り扱い厳重注意です。

    TakaYoshi2021年9月15日 7:37 PM / 返信

    コメントありがとうございます。 バイクのタンクを剥離したいと思い、ホームセンターなどの剥離剤をいろいろと試しましたが全く塗装を落とす事ができずインターネットで調べたところ、業務用としてスケルトンが販売されておりこの商品を知りました。どうしてこんなにもメラメラと塗装が落ちていくのか気になり、私も成分をみたことがあります。 ジクロロメタンについて、業務用・一般用問わずその成分自体が人体・環境に影響のある取り扱い厳重注意の物質であること、ご助言いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。