• サラリーマンのバイクパーツレストア記録

アストロプロダクツ サンドブラストガンで錆を落とす

広告

実は以前、エストレヤのフロントフェンダーを加工した時にアストロプロダクツで購入した『サンドブラストガン』を使用してみました。

 

 

『サンドブラスト』と聞くと、あの大きな箱の中に手を入れて作業するイメージですよね。

このサンドブラストガンは先端のゴムカートリッジを交換することで、いろんな面のものに使うことができます。先端をピタッと密着させて使用するため、砂はそれほど飛び散らないようになっています。

先端のカートリッジは4種類になっています。

 

 

砂を入れた袋を本体につなげて使用します。

 

 

使用する『砂』ですが、庭にある砂でも使用はできるみたいです。

しかし、粒をこしたり、水分を飛ばすためにフライパンで炒るなどの作業が必要になります。

今回は同じアストロプロダクツで販売されていた砂を使用します。

 

 

この砂ですが、『アルミナサンド』という名前らしいです。

番手は#40〜#100まで(各4kg)販売されていました。

とりあえず、#60を購入しました。

 

実際に使用している動画がこちらです。

 

 

使用してみた感想としては、ピタッと面に密着して吹ければ砂はそれほど飛び散りませんが、少しでも隙間があるとそこから砂が吹き出してきます。

それにしても、今までワイヤーブラシでひたすら磨いて落としていた錆が、ものの数秒で取れてしまうのは驚きです。

今回は#60の番手で試してみましたが、正しい番手を使用すれば錆を落とした面も、もっと滑らかになるのかもしれません。

また、広い範囲の錆や塗料を落とすというよりは、狭い範囲の錆や塗料に対してチョチョっと使用する方がこのサンドブラストガンは向いているのかもしれません。

 

AP サンドブラストガン【サンブラ ブラストガン】【サビ取り 吹付 メディア エアーツール エアツール】【アストロプロダクツ】

価格:1,706円
(2019/6/1 22:11時点)

広告

コメント一覧

福井 昭芳2019年5月31日 9:12 AM / 返信

TakaYoshi様 はじめまして。 サンドブラストで検索していたところ、こちらに辿り着きました。 YouTubeで使っていたサンドブラストガンの砂は、飛び散らずに又袋に戻るリサイクル式でしょうか。 当方のコンプレッサーは、ホームセンターで買った10Lで馬力は少ない物だと思いますが、TakaYoshi様のコンプレッサーはどれ位の物を使っているのでしょうか。 お手数ではございますが、ご返答いただければ幸いでございます。

    TakaYoshi2019年6月1日 10:14 PM / 返信

    福井様 はじめまして、コメントありがとうございます。 YouTubeで使用していたサンドブラストガンは、ノズルを密着させることでメディア(砂)を回収しながら使用することができる循環タイプです。 動画では密着させた際に隙間があいてしまいメディアが飛び散っていますが、しっかりと密着させれば福井様のおっしゃる通り飛び散らずに袋に戻ります。 コンプレッサーの件ですが、私が使用しているものはアストロプロダクツで販売している30Lの縦型サイレントエアコンプレッサー(オイルレス)です。 電動機出力は1HP(0.75kW)と表示されているため、1馬力であると思われます。その他、最高使用圧力は0.8MPa、吐出空気量は50/62L/minとなっています。 使用していたエアコンプレッサー、サンドブラストガンの商品リンクを未分類カテゴリーの記事内に添付しました。 参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。