• サラリーマンのバイクパーツレストア記録

1000円以下の激安チェーンカッターは使えるのか?

広告

250TRのチェーン交換をしました。

交換時に使うチェーンカッターですが、安い物は500円台から販売されています。

今回交換したチェーンはクリップ式(520)です。

そして、購入したチェーンカッターはネット通販で最安値だったものです。

値段は500円台のものです。高価な有名メーカーのものもありますが、個人では頻繁にチェーン交換はしないのでこれでなんとかなれば・・・

カットできるチェーンは420〜530です。

レビューでは、「使い物にならない」とか「ピンが曲がってずれる」といった情報も多々あります。実際のところどうなのでしょうか?

構造はシンプルです。ボルトをしめてチェーンを固定して、ボルトの中に入っているピンをねじ込んでチェーン側のピンを押し出して切るというもの。

まずは、ボルトの中のピンだけ最大まで緩めます。その状態で固定するボルトだけを締めて行きチェーンを挟みます。この時、これでもかというくらいにギッチリと締め上げます。

520などのチェーンはカシメが渋いのでサンダーなどで削ってから作業することをすすめると書いてありましたが、あえて何もせずにこのカッターのみで作業をしました。

次に最大まで緩めていたボルトの中のピンをねじ込んでいきます。

これを締めるための棒(写真で指を指している部分)は簡単に曲がってしまいそうでしたので、ちょうど中心で回すようにして締めていきました。

これでグリグリと締めていきます。写真では片手ですが、「順手」と書いてある持ち手をしっかりと持って締めていきます。

カシメを削らずに作業しているので、このままでは押し出していけないかなーと思っていましたが、比較的スムーズにねじ込んでいけました。

そして、少しずつチェーンのピンが押し出されてチェーンカット完了です。

使用後のピンを見てみましたが、特に曲がっている様子もなくまだまだ使用できると思います。

様々な商品レビューがありましたが、私個人で使用してみた感想としては十分に使える道具だと思います。頻繁に使う道具でもないので、これで500円台だったら大満足です。ただし、あくまでもチェーンカットのみできる道具なのでカシメたり圧入とかはできません。

使い方のポイントとしては、チェーンを挟む時にボルトの中のピンは最大まで緩めてから外側のボルトをしっかりと締め上げて固定することでしょうか。固定があまい状態でピンを締めていくとピンが曲がってしまうのかもしれません。

 

大型から小型まで対応 チェーン カッター 420 / 428 / 520 / 525 / 530 用 Bタイプ ブラック

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。